部品測定におけるイノベーション

戻る
ニュース / 製品の特徴 / 部品測定におけるイノベーション

コンポーネント測定における革新性

製品の特徴

軸対称部品の革新的な品質管理

旋削ブランク、研削ワークピース、円形ブレード、円形ブレード用スペーサー、またはボールベアリングのいずれであっても、新しいP 16 G精密測定センターは、歯車の歯を測定するためではなく、特に円形コンポーネントの製造に使用するために設計されています。P 16 Gは、Pシリーズの中で唯一、
寸法・形状および位置測定用のソフトウェアを標準装備しています。このソフトウェアは、直径と円筒形状/円錐度を記録し、軸方向の振れ、平坦度、角度を測定し、必要に応じて品質管理のための豊富な情報を提供します。そのため、この精密測定センターがあれば、ゲージを使う必要はありません。

連続生産における厳しい精度要求と部品の複雑化により、最高の測定技術が求められています。小ロット化、多品種化の流れの中で、測定器の柔軟性がますます重視されるようになってきています。今日、精密測定センターP 16 Gは、すでに幅広い分野や業界におけるほとんどの測定タスクに対応できるようになっています:自動車、機械のブレード、工具、ローラーベアリング、測定器。

KLINGELNBERG 精密測定センターは現在、軸対称コンポーネントの生産チェーン全体で使用されています。P 16 Gは、生産工程や現場で直接使用するために最適に設計されています。各製造工程終了後、各特徴を即座にグラフィカルにまたは表で表示し、分析、統計的に評価することで、効率的な工程管理および信頼性の高い生産工程管理を可能にします。また、基本ソフトウェアには、警告限界の仕様など、さらなる評価のための統計データの保存も含まれています。そして、P 16 Gは驚くほど簡単に操作できます。

機械製造会社KLINGELNBERG(クリンゲルンベルグ)は、イタリアのガルダ湖で2024年6月5日から6月6日まで開催される次回のGear Seminarに皆様をご招待いたします。現地に赴き、イタリア語の翻訳が付いた様々な講義を提供することで、当社はお客様とより近い関係を構築します。

もっと読む

2023年も、機械エンジニアリング会社のKlingelnberg(クリンゲルンベルク)は、記念式典を開催し、長年の勤続を誇る従業員を慣例に従って再び表彰しました。勤続40年の社員が4名、勤続25年の社員は22名となりました。さらに、入社50周年を迎えた社員も3名いました。式は2024年の初夏に開催さ…

もっと読む

2023年も、技術と革新部のバイスプレジデントDr. Christof Gorgelsの主催により、好評を博しているGEAR…

もっと読む